ピナクルスポーツをしていておもう

野球史においてメジャーリーグというのは
世界的に見てもかなり重要な意味合いを
もつ伝統のあるスポーツ団体だと思います。

しかしながら日本だって
野球が持ち運ばれて以来ずっと
長いことやってきたわけです。

そんな日本野球の存在意義が
最近になってわからなくなってきています。

ファンはそうは思っていないとは思うのですが、
実際にプレイしているプロ野球選手たちは
少なくともメジャーへの劣等感みたいなものを
感じているのではないでしょうか。

近年に日本でとんでもなく活躍した
ダルビッシュ有投手や田中将大投手なども
日本には残らずにメジャーに挑戦しているわけです。

NPBが最高の舞台であるならば
別に海外に出て行く必要はないはずなので、
日本でプレイしている間にもいろいろと
くすぶっている想いがあるのでしょう。

ただし全員が全員活躍できるわけではないので、
まさに本物だけが挑戦を許されるのです。

プロになるだけでもそうたやすいことではなく、
その中でレギュラーを勝ち取るのも難しいという非常に厳しい世界です。

ドラフトで指名されずに入れなかった選手は
大学進学をしたりどこかの社会人チームや
独立リーグなどにいって頑張るわけです。

メジャーにいくために日本で実力をつけて
活躍するという黄金ルートは誰にでも真似できるものではないので、
そう考えるとあくまでメジャーにいくための踏み台、
通過点と考えられるのはごく一部ということになります。

さて、なぜそうまでしてアメリカに
行きたがるのかということですが、
アメリカでは野球が完全なビジネスとして
成り立っているので活躍できればそれだけ
大きな夢を叶えられる、つまりは高年俸を期待できることになります。

日本も巨人やソフトバンクなどの
金満球団であれば1年5億以上とか出せると思いますが、
メジャーなら10億以上も普通にありえるので
期待値がぐんと上がります。

決してお金だけのためにやっているわけではないと
思いますがサラリーマンだって評価されると感じるのは給料です。
日本でもきちんと有力選手を引き止められるように誠意を見せてほしいところです。