野球はサッカーに負ける?!

“現在、日本シリーズを目前に控えプロ野球は盛り上がっています。
甲子園、ドラフト、プロ野球、日本人はやはり野球好きです。
といいたいところですが、これから10年、
20年経つとサッカーにその人気は追い抜かれそうです。

なぜかというと、子供の6割は今サッカーをしているという現状があるからです。
野球をしている子供は2割。あとの2割はその他のスポーツをしているという統計があります。
一昔前までは7割以上の子供が野球をしていました。ジャイアンツの王、
長嶋を見て野球をしていた子供たちです。その子供が大人になり、
自分の子供に夢を託し野球をさせました。

しかし、その子供が親になったときサッカーをさせているというのです。
色々な角度から調査してみると、どうやら時代背景が関係しているようです。
共働きが多いということがサッカー少年が増えた理由のひとつです。

少年野球はお茶登板があり、
お母さんも一緒に練習に行かなくてはならないのに対し、
サッカーはそういったお茶登板がなく、
子供が1人で通い親は何もしなくていいそうです。

今のママさんとしは自分の子供がサッカーをやってくれた方が楽だそうです。
平日働いて土日は家でゆっくりしたいのに子供のスポーツに付き添うのはしんどいという親が多いようです。
また、サッカーは幼稚園からでも始められるようになってきています。

野球は小学校に入らないとはじめられません。
さらに、少年野球のチームより圧倒的に
サッカーのクラブチームの方が多いようです。
このこともサッカー少年を多く生む要因になっています。

それから、日本代表の活躍もあるでしょう。
ワールドカップに出場できるくらいの実力もついているし、
選手が今風でカッコ良いというのもあります。

最後に経済面から見ても野球より
サッカーの方がお金がかからないようです。
野球はグローブ、バット、スパイク、運動靴、
ユニフォーム、ボールが最低限必要です。
サッカーは極端に言えばボールがあればOKです。
私は野球をやってきた人間です。10年20年先に
野球はどうなっているのかと思うと少し寂しい気持ちになってしまう今日この頃です。